今回は、Googleウェブマスターツールから「手動による対策」を確認する方法です。

 

Google検索にインデックスされているWEBサイトにおいて、手動によるウェブスパム対策が適用されているのかを確認します。

 

Googleアカウントの作成

ウェブマスターツールから手動によるスパム対策を確認するには、まずGoogleアカウントの作成(https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja)を行います。

 

googleaccount01

 

googleaccount02

 

Googleアカウントを作成する場合には、名前・ユーザー名・パスワード・誕生日(生年月日)・性別・携帯番号・現在のメールアドレスを入力し、ロボットによる登録でないことを証明するために、表示されている数字をテキストで入力します。

(「この確認をスキップします」にチェックを入れると、画像認証がスキップされますが、電話の認証が必要になる場合があります)

 

入力後、国/地域を選択します。

 

最後に、利用規約とプライバシーポリシーに同意にチェックを入れ、水色の「次のステップ」ボタンをクリックします。

 

確認

 

クリックすると、アカウント作成の手順はほぼ完了します。現在使用されているメールアドレスに、確認メールが届きますので、

 

内容

 

Google アカウントへようこそ。アカウントを有効にしてメール アドレスの確認を行うには、次のリンクをクリックしてください。

https://accounts.google.com/○○&hl=ja ***注***

 

このページは印刷して保管しておいてください。

ユーザー名やパスワードを忘れるなどしてアカウントにアクセスできなくなった場合、この確認用リンクが必要 となります。このメールに心当たりがない場合は、他人が誤ってあなたのメール アドレスでアカウントを作成しようとした可能性があります。

確認用リンクをクリックしない限り、アカウントが有効になることはありませんのでご安心くださ い。このメールをリクエストした覚えがない場合でも、このアカウントを使用または削除しようと思われる場合は、まずアカウントのパスワードを再設定してい ただく必要があります。次のページでメール アドレスを入力してください。https://accounts.google.com/RecoverAccount リンクをクリックしてもリンク先に移動しない場合は、URL をコピーして新しいブラウザ ウィンドウに貼り付けてください。よろしくお願いいたします。
Google アカウント チーム

注: このメール アドレスには返信しないでください。問題の修正やアカウントの詳細に
ついては、ヘルプセンターをご覧ください。URL は次のとおりです。
http://www.google.com/support/accounts/

 

 

メール内の「https://accounts.google.com/○○&hl=ja」のリンクをクリックします。

 

確認メール

 

クリックすると、「確認メール」というページに移動します。こちらで水色の「続行」ボタンをクリックします。

 

公開プロフィール設定

 

クリックすると、Google+公開プロフィールになりますので、写真の追加などを行い、「次のステップ」ボタンをクリックしていくと、公開プロフィールの設定が完了します。

 

ウェブマスターツールにログイン

 

Googleのアカウント作成が完了しましたので、ウェブマスターツール(https://www.google.com/webmasters/tools/?hl=ja)にログインします。

 

ログイン

 

アカウント作成時に設定したパスワードを入力し、水色の「ログイン」ボタンをクリックします。

 

ツール画面

 

クリックすると、ツールにログイン完了となります。

 

サイトを追加する

 

次に、手動によるウェブスパム対策が適用されているのかを確認したサイトを追加します。

 

サイトを追加する

 

サイトを追加する場合は、ウェブマスターツールにログインした状態で右側にある赤色の「サイトを追加」ボタンをクリックします。

 

サイトを追加する

 

クリックすると、管理するサイトのURLを入力する画面になりますので、こちらで確認したいサイトのURLを入力します。

入力後、水色の「続行」ボタンをクリックします。

 

・おすすめの方法

おすすめの方法

 

・別の方法

別の方法

 

クリックすると、追加したいサイトの所有権を確認するページに移動します。こちらで、サイトの所有権を、おすすめの方法、もしくは別の方法で確認します。

 

今回は、おすすめの方法で、所有権を確認したいと思います。

 

確認ファイル

 

所有権を確認するために、「このHTML確認ファイル」という水色の文字をクリックし、ローカル上にファイルをダウンロードします。

 

googlehtml01

 

ダウンロードしたHTMLファイルを、FTPクライアントソフトを使用し、サーバーにアップロードします。(FTPクライアントソフトは無料のもので構いません)

 

【FileZilla(ファイルジラ)の場合】

FileZilla本体(Windows・Mac対応):http://sourceforge.jp/projects/filezilla/releases/

 

ダウンロードしたHTMLファイルを、無料FTPクライアントソフト「FileZilla」でアップロードする場合は、上のURLからソフトをダウンロードして頂き、解凍します。

 

解凍したFileZillaを起動します。

 

filezilla01

 

起動したFileZillaで、左上の「ファイル」をクリックし、「サイトマネージャ」を選択します。

 

filezilla02

 

「サイトマネージャ」から「新しいサイト」をクリックします。

 

filezilla03

 

クリックし、現在ご使用のサーバーのFTP情報(ホスト、ユーザー、パスワード等)を入力し、「接続」ボタンをクリックすると、接続が完了します。

(ご使用のサーバーのFTP情報は、契約している会社などにお問い合わせください)

 

アップロード

 

サーバーとの接続完了後、ウェブマスターツールからダウンロードしたHMTLファイルをアップロードします。

 

所有権を確認する

 

アップロード完了後、ウェブマスターツールの所有権の確認ページへ戻り、赤色の「確認」ボタンをクリックすると、所有権が確認されます。

 

確認されると、ウェブマスターツールの画面にサイトが追加されます。

 

手動による対策を確認する

 

所有権が確認されて、ウェブマスターツールにサイトが追加されましたので、手動による対策を確認します。

 

確認されたサイト

 

まずは、追加されたサイトをクリックします。

 

ダッシュボード

 

クリックすると、「サイトのダッシュボード」から「検索トラフィック」を選択します。

 

手動による対策

 

選択し、さらに「手動による対策」をクリックします。

 

手動による対策

 

クリックすると、手動対策ビューアになります。こちらで、管理しているサイトに、手動によるウェブスパム対策が適用されているのか、されていないのかかが確認できます。

 

サイト全体の一致

 

なお、手動による対策が適用されている場合は、上記のようなメッセージが表示されます。

 

 







LINEで送る
Pocket