最近、Google検索で著者情報(Authorship)というものが注目されています。

 

authorship20140521

 

これから著者情報を設定する方が増えてくるのではないかと思いますが、Google検索で著者表示が増えると、

 

 

著者表示

 

【プロフィール】

 

【仕事】

仕事

 

【教育】

教育

 

著者のプロフィール(学歴・仕事など)が観覧される機会が増えます。つまり、著者はどのような教育を受けてきたのか、どういった仕事しているのかなどを見られるわけです。

 

他人から見える部分(プロフィールなど)での評価が入り、「高学歴だからこの人のページはすごい」なとどいったことにもなってくるかもしれません。

 

このようになってくると、高学歴でもないし、特別なことがないにもないと思われる方もいます。私も、高学歴ではないし、何か特別なことをもっているわけではありません。

 

比較されると負けてしまう、劣ってしまうと考えてしまうこともあるでしょう。人はどうしても比べたがります。

 

負けた、劣っているとしても、”世界に1つだけの貴方”です。貴方自体が特別なわけです。一人一人違うので、その人にしかない作れないもの、魅力といったものが必ずどこにあります。

 

なので、著者情報の設定などに関わらずに、熱心にコンテンツ作りに取り組んでいきましょう。

 

注力していけば、開花していきます。

 

なお、評価、比較することがすべて悪いわけではありません。良い面と悪い面があると思っています。

 

P.S.「世界に1つだけの花」を聞いていると、今回のことを思いつきました。

 







LINEで送る
Pocket