Googleウェブマスターツール上で知り合いの方のドメインを共有化して頂きました。

 

ウェブマスターツールの画面

 

この共有化して頂いたドメインで否認ツールを使おうとしたわけですが、

 

否認ツールの画面

 

上記のような表示になります。こちらをGoogle翻訳を使って訳してみると、

 

唯一のサイトの所有者は、この機能にアクセスすることができます。

 

このような訳になり、唯一のサイト所有者でなければ、否認ツールを使うことができないことが分かりました。

 

つまり、知り合いの人のサイトがGoogleのペナルティを受けており、外部リンクが原因の場合、ウェブマスターツールに登録したドメインを共有化しても否認ツールが使えないということになります。

 

これは私も初めて知りました。もし知り合いの人からGoogleのペナルティ(原因が外部リンクによるもの)を対処する場合は、初めにウェブマスターツールに登録した際のIDとパスワードを教えてもらう必要があります。

 

ご注意ください。

 

【追記】

 

詳しく調べてみるとGoogleウェブマスターツールを共有化した場合でも否認ツールは使えます。

 

WMTの画面1

 

まずGoogleウェブマスターツールにログインして、共有化したサイトを選択します。

 

WMTの画面2

 

 

選択するとサイトのダッシュボード画面になりますので、こちらで右上にある歯車をクリックすると、「ユーザーとサイト所有者」という項目があります。

 

この「ユーザーとサイト所有者」を選択します。

 

WMTの画面3

 

すると上記の画面になります。ここで右側に「サイト所有者の管理」と「新しいユーザーを追加」という表示があります。

 

「新しいユーザーを追加」で権限を「フル」にして追加したいユーザーのメールアドレスを入力後、「完了」ボタンをクリックします。権限を「フル」にしているので、否認ツールは使えると思ってしまいますが、実は否認ツールは使えません

 

では否認ツールを使いたい場合はどうするのかというと、「新しいユーザーを追加」ではなく「サイト所有者の管理」の表示をクリックします。

 

WMTの画面3

 

 

クリックすると、上記のような画面になりますので一番下の左側にある「サイト所有者を追加」から追加したいサイト所有者のメールアドレスを入力することで否認ツールが使えるようになります。

 





LINEで送る
Pocket