今回は、WEB担当者がWEBを活用していく上での悩み事を解決するための方法についてです。

 

WEB担当者向けの書籍を購入する

Amazonなどで、WEB担当者向けの書籍を購入することで、WEBを活用していく上で悩んでいる事を解決します。購入した書籍によっては、悩みが解決できない場合もあります。

 

参考:Amazon.co.jp:WEB担当者(goo.gl/cxPoh1

 

セミナーや勉強会に参加する

都市部では、WEB担当者向けのセミナーや勉強会が開催されています。貴方が現在WEBを運用する上で悩んでいる事について解決することができるでしょう。

一方、地方ではセミナーや勉強会の開催が少ないです。この場合、都市部に出張して参加することもできますが、出張費などが会社から出るのかを事前に確認しておくことが大事です。

セミナーや勉強会の他に他社のWEB担当者などが集まる飲み会・交流会に参加してみるのも良いでしょう。もしくは、開催する側になってみるのも良いかもしれません。

ただし、守秘義務によって、しゃべれない悩みもあります。

 

参考:第1回目大阪WEBマーケティング飲み会(www.kazuuu.net/archives/2679

 

リーダーや上司に相談する

ある程度規模の大きい企業になると、WEB担当者が複数人存在しており、リーダーや上司がいますので、悩み事を相談できます。ただし、リーダーや上司が、貴方の担当していることについての悩みを解決できない場合もあります。リーダーや上司といえども、人間です。分からないこともあります。

 

小規模の企業になると、WEB担当者が一人しかいない場合がありますので、相談できる相手がいないこともあります。

 

他部署に相談する

同じWEBをしている者同士では、悩みを解決できない場合もあります。そういった場合には、他部署に相談してみるのも良いです。悩みによっては、解決されない場合もあります。

 

WEBコンサルティング会社やコンサルタントに相談する

WEBコンサルティング会社やフリーランスのコンサルタントに相談する方法もあります。この場合は、現在WEBを活用する上でどのようなところに悩んでいるのかをわかりやすく伝えられるようにしておくと良いです。

 

WEBコンサルティング会社などに相談する場合は、有料となる場合があります。

 

日本中には、様々なWEBコンサルティング会社やコンサルタントが存在しています。中には悪徳なものもありますので、利用される場合は慎重に選ばれると良いです。

 

ソーシャルを活用してみる

TwitterやFacebook、Google+などのアカウントを取得して、悩み事を投稿してみるのも良いです。悩みによっては解決されない場合や守秘義務によって、しゃべれない悩みもあります。

 

Q&Aサイトに悩み事を投稿してみる

Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトに投稿してみるのも良いかもしれません。ただし、守秘義務によって、しゃべれない悩みもあります。

 

検索エンジンから探す

検索エンジンを利用し、悩み事を解決するページを見つけ出します。検索エンジンには数多くのページがインデックスされているため、悩み事を解決するページを効率的に見つけ出すには、Google検索コマンドを使うと良いです。悩みによっては、解決されない場合もあります。

 

参考:Google検索コマンド一覧(search.web-sun.com/g_help.html

 

実際にサイトを運営して解決する

個人で、実際にサイトを作成し運営していくことで、悩みを解決できるでしょう。悩みによっては、解決されない場合もあります。

 







LINEで送る
Pocket