今回は、コンテンツ制作及び更新がストップすることについてです。

 

個人でブログ・サイトにコンテンツを追加する場合は、携わっている人は基本的に一人です。

 

中小企業のサイトでも、専属でコンテンツの制作や更新に携わる人が一人、もしくは少人数の場合があります。

 

こういった場合、専属の担当者が一身上の都合で退職などにより、コンテンツ制作及び更新がストップしてしまうことがあります。

 

ストップしてしまうということは、検索エンジン経由などにおいて、見込顧客等へリーチさせる機会を失ってしまうことにも繋がります。

 

継続してコンテンツ制作や更新などを行うようにすることとしては以下の方法があります。

 

アウトソージングする(外注する)

外注する場合には、サイトの内容・テーマに沿ったコンテンツを用意してもらわなければなりませんので、運営者などの方で外注先に細かく要望や指定をしてあげることが必要であります。

 

現在では、コンテンツ制作の代行するサービスが増えています。低価格で利用できるサービスもありますが、運営者などの考えていること、配信したい情報、サイトの方針とマッチしているのかをよく考えて選ばれると良いでしょう。

 

これには相手(代行業者やフリーランスなど)の能力を把握しておくことが必要です。

 

新しく担当者を用意する、雇う

サイトのコンテンツの制作や更新などを専属する担当者を雇う場合は、費用対効果を考えると、あわないことがあるかもしれません。

 

そうなってくると、別の部署などから、適任だと判断できる担当者を移動させるのも1つです。

 

移動させるといったことが困難である時は、雇わなくていけないこともあるでしょう。

 

コンテンツを制作する場合には、ライティングだけしかできない人を雇うのか、ライティング以外に、HTML編集や画像編集などもできる人を雇うのかといったことも考えなければならないところです。

 

サイト訪問者に対して、内容を知ってもらう、理解してもらう上で、文章のみではどうしても理解や興味関心がでないこともあります。文章以外で、画像や動画などの表現をもって、理解してもらうことも出てくるかと思います。そういった時に、画像や動画編集などの技術を知っている担当者を雇うと良いでしょう。

 

新しく雇うとなると、もしかするとライティングもやったことがない、初心者であるといった担当者を1から教育していく場合もあります。

 

商品やサービスの知識や、それに関連する知識(うんちくなど)、コンテンツ制作・更新に関わる技術を教えていく必要があります。これは、既にライティングなどの技術をもっていても必要になってくる部分ではあります。

 

端的に、ある分野(もしくは、ある分野に付随すること)に対して異常に執着して積極的に知識を蓄えたり、学習したりする方は、新しい担当者として適任ではないかでしょうか。

 

「キチガイ」と呼ばれる方も、領域を超える、人としての道を踏み外さなければ、担当者として秘めた才能をもっているのではないかと思っています。

 

新しく担当者を雇う場合には、以前の担当者と同じく、一身上の都合で退職などをしてしまう可能性もあります。

 

メンタルヘルスケアが必要になってくることも考えられます。

 

WEBサイト運営者、代表者自ら行う

アウトソージングや担当者を雇わずに、WEBサイトの運営者、代表者が自ら行うこともあります。

 

新しく担当者を雇う場合は、教育しなくはいけなくなってしまいます。アウトソージングの場合には、どのようなコンテンツを制作したいのかの要望などを伝えて理解してもらわなければなりません。

 

こういったことは、雇う側や利用する側などからすると、手間になってしまう恐れがありますが、運営者や代表者自らコンテンツ制作や更新を行うことで、そういった手間をかけずに行えます。

 

自らが考えたコンテンツを直接制作する、更新することが可能となります。

 

デメリットとしては、運営者や代表者に対して、コンテンツ制作や更新という作業が加わるため、1日の作業量が増えてしまうことになってしまうかもしれません。

 

他にも、運営者や代表者が習得していること以外のこと(範囲外のこと)はできないので、訪問者に対してうまく内容が伝えられない可能性があります。

 

会社の代表として経営に関してはプロであるが、コンテンツ制作においては未熟であるといったこともありえます。

 

 







LINEで送る
Pocket