今回は、Yahoo!スポンサードサーチの不正?転送についてです。

 

私は海外ドラマがとても好きで、よく鑑賞します。そんな海外ドラマの中で、「ウォーキング・デッド(The Walking Dead)」という作品があります。

 

スポンサードサーチ「ウォーキング・デッド」

(2014年4月17日現在)

 

このウォーキング・デッド関連のキーワードのYahoo!スポンサードサーチを見ていて、気がついたのですが、

 

www.walkingdead.jp → 「○○.net/○○.html」

 

www.walkingdead.com → 「○○.biz/○○.html」

 

ランディングページ(アフィリエイト)

 

この2つのドメインがあります。スポンサードサーチで表示されている状態でアクセスすると、ランディングページ(アフィリエイト)に移動します。

 

しかし、直接URLを入力して、アクセスすると、

 

www.walkingdead.jp → 「ページ読み込みエラー」

 

www.walkingdead.com → 「The Walking Dead – The Official Site from Robert Kirkman (www.thewalkingdead.com)」

 

ページ読み込みエラーか、アメコミ版の公式ページ(米)へ移動します。

 

あたかも、公式のドメインを装って、スポンサードサーチに表示し、別ページに移動する方法っていうのは、ありなんでしょうか?

 

リスティング広告にはさほど詳しくないのですが、公式サイトと勘違いして、クリックするユーザーも多いのではないかと思いました。

 

ちなみに、これ以外にも同じような方法で別ページに移動させるようにしているところがありました。

 

Googleアドワーズ広告には表示されていません。

 







LINEで送る
Pocket