WMTに、手動によるスパム対策が適用されたと通知されず、再審査をリクエストすることはできるかについてです。

 

結論から伝えると、Googleウェブマスターツールの「手動による対策」ビューワーで、手動によるスパム対策が適用されていなければ、再審査をリクエストすることはできません。再審査をリクエストするフォームも表示されていません。

 

手動による対策が適用されているか確認する

Googleウェブマスターツールにサイトを追加し、追加されたサイトが、手動による対策が適用されているのか確認する場合は、こちら(https://www.google.com/webmasters/tools/reconsideration?hl=ja)にアクセスします。

 

手動による対策の確認

 

※事前に、Googleウェブマスターツールに登録し、サイトを追加する必要があります。

 

アクセスすると、「サイトに手動による対策が適用されていないかを確認します」かという表示があらわれます。その下に、追加したサイトURLをプルダウンから選択するボックスと、「手動による対策を確認」する赤色のボタンがあります。

 

プルダウンから、手動による対策が適用されているか確認したいサイトを選択し、「手動による対策を確認」する赤色のボタンをクリックします。

 

【手動による対策が適用されていない場合】

 

手動による対策が適用されていない

 

手動による対策が適用されていないサイトを選択し、クリックすると、手動による対策ビューワーへ移動し、「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」と表示されます。手動による対策が適用されていないと、再審査をリクエストすることはできません。

 

【手動による対策が適用されている場合】

 

手動による対策されていた

 

※サイトへの不自然なリンク-リンクへ影響する対策を実施

 

 

手動による対策が適用されているサイトを選択し、クリックすると、「再審査をリクエスト」する赤色ボタンが表示されます。このボタンが表示されると、再審査をリクエストすることができます。

 

 

検索順位が下がり、手動による対策が適用されておらず、再審査もリクエストできない状態で、再審査をリクエストしたい場合は?

 

再審査をリクエストしたい場合

 

Google検索での検索順位が下がり、Googleウェブマスターツールを確認したけれども、手動による対策が適用されていなかった。このような場合は、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)等を見直し、問題のある箇所を発見します。

 

発見後、問題を修正しウェブクローラがウェブページの情報を再取得されるのを待ちます。ウェブクローラが再取得し、データベースにインデックスされます。その後、アルゴリズムによる評価が行われ、評価後、検索結果に表示(ランク付け)されます。

 

手動による対策が適用されておらず、再審査をリクエストもできない場合、ウェブクローラが情報を取得し、アルゴリズムによる評価が、”再審査をしている状態”であると言えます。

 

検索順位が下がり、「再審査を早く行い、検索順位が元に戻したい」と考えられている方もいます。このように考えられている方は、まず検索順位が下がってしまった原因を、きちんと修正することが最も大事です。

 

再審査を早く行えば、取り消されるものではありません。逆に、再審査を行うのが遅ければ、取り消される確率が減るものでもないです。

 





LINEで送る
Pocket