Google手動スパム対策の「サイトへの不自然なリンク」の”詳細(対象URL)”が確認できるケースについてです。

 

登録したGoogleウェブマスターツール(https://www.google.com/webmasters/tools/?hl=ja)にログインし、

 

サイトを選択

 

ウェブマスターツールに登録したウェブサイトを選択します。

 

手動による対策

 

選択すると、左側に「検索トラフィック」の中で「手動による対策」という表示があります。こちらをクリックすると、

 

手動による対策

 

手動によるスパム対策が適用されているのか確認することができます。

 

今回、このウェブマスター ツールの手動対策ビューアで確認できるものの中で、「サイトへの不自然なリンク」の対象となっているURL(詳細)が表示されることが確認できました。

 

通常の場合

 

サイトへの不自然なリンク

 

理由

サイトへの不自然なリンク – リンクへ影響する対策を実施

このサイトのページへの不自然な人為的、偽装、または不正なリンクのパターンが検出されました。一部のリンクはウェブマスターが制御できない可能性があるため、この件に関して Google ではサイト全体ではなく不自然なリンクに対して必要な対策を実施します

 

対象の詳細(URL)が確認できる場合

 

対象の詳細が確認できる

対象URL

 

理由

サイトへの不自然なリンク – リンクへ影響する対策を実施

このサイトのページへの不自然な人為的、偽装、または不正なリンクのパターンが検出されました。一部のリンクはウェブマスターが制御できない可能性があるため、この件に関して Google ではサイト全体ではなく不自然なリンクに対して必要な対策を実施します

 

サイトへの不自然なリンクが検出されましたという内容は、通常の場合と変わりありませんが、サイトへの不自然なリンクの対象として「サイトへのリンク」、さらに「詳細」をクリックすると、サイトへのリンク内で対象となっているURLが表示されていることがわかります。

 

URLの例

 

これまでに、手動のスパム対策が適用されて、問題箇所を修正し、再審査のリクエストした後の結果で、依然として品質に関するガイドラインに違反していた場合、URLの例を掲示して頂けることはありましたが、サイトへの不自然なリンクの対象として、対象URLを確認できるようになっているのは、初めて見ました。

 

この対象の詳細(URL)が確認できるケースが、どのような条件で表示されるのか、最近から表示されるようになったのかは、不明ですが、対象URLが確認できると、手動によるスパム対策への対処がしやすくなります。

 





LINEで送る
Pocket