今回は、医師100名の98%が勧めたいワイヤレスマウス「M-XGL10DB XRD」(Lサイズ)について解説します。

購入しようとしたきっかけ

9年ほど使用していたマイクロソフトのワイヤレスマウス「Wireless Laser Mouse 6000 v0.2」が、突然使用できなくなり、新しいワイヤレスマイクを購入を考えていました。

そもそも、マイクロソフトのワイヤレスマウス「Wireless Laser Mouse 6000 v0.2」を購入したきっかけが、運営者は手が大きく、小さいマウスが使いにくいので、大きいマウスはないかと、良いマウスを探していました。そこで、ヨドバシカメラへへ出向いて、実際に大きいマウスを触れてみて、「Wireless Laser Mouse 6000 v0.2」がしっくりきたので、購入を決めました。

今回購入したワイヤレスマウス「M-XGL10DB XRD」(Lサイズ)は、はじめは、Amazonで「大きいマウス」を探しており、使いやすそうだったのが、M-XGL10DBシリーズだったので、ヨドバシカメラへ出向いて、実際に購入するマウスに触れてみて、購入を決めました。

・「M-XGL10DB XRD」(Lサイズ)

「M-XGL10DB XRD」(Lサイズ)

M-XGL10DBシリーズのLサイズなので、やはり大きいです。

医師推奨確認済み商品

パッケージの表には、「医師100名の98%が「勧めたい」と評価した握りやすいマウスというキャッチコピーが書かれています。なお、「医師の確認済み商品」という記載があるため、安心して購入できます。

パッケージ裏

パッケージ裏

パッケージの裏には、「真の握り心地」の解説や、マウス読み取り方式の違い、製品仕様、保証書などが記載されています。なお、当マウスの読み取りは「Blue LED」と呼ばれるものです。小さなデコボコやホコリにも光が反射してセンサーに届くので、ガラス面や透明シート、カーペットの上等でも動作可能とのこと。

また、Webページの閲覧をスムーズにする5ボタンや、クリック感に定評のあるOMRON社製高耐久スイッチ、マウスのボタンにお好みの機能をつけることができる機能割り当て対応が備わっています。対応OSは、WindowsVista ・7・8.1・RT8.1・10、Macintosh OS Ⅹ10,10です。

パッケージには、単3乾電池が1本付属しているので、慌てて購入しなくても良いです。ワイヤレスマウスの場合は、何度も新しい乾電池を購入し、交換する手間を省くために、充電式電池を購入を検討してみるのも良いと思います。

・開封してみる

手の大きな私でも、フィットしやすそうなマウスです。

「Wireless Laser Mouse 6000 v0.2」と比べてみても、大きさもほぼ同じでした。

レシーバユニット

レシーバユニットですが、とても小さいです。最近のマウスはみんなレシーバユニットがこのように小さいものなのでしょうか。紛失してしまいそうになるので、注意が必要かもしれません。

レシーバユニットの比較

マイクロソフトのワイヤレスマウス「Wireless Laser Mouse 6000 v0.2」のレシーバユニットと比べると、小さいのがひと目でわかります。これも技術の進歩なのでしょうか。

ユーザーズマニュアル

パッケージの中には、EX-GワイヤレスBlueLEDマウス ユーザーズマニュアルが付いています。

M-XGS10DBシリーズ・M-XGM10DBシリーズ・M-XGL10DBシリーズに対応しています。

・実際に「M-XGL10DB XRD(L)」を使用。個人的な評価。

運営者の現在の環境は、ノートパソコン(Windows10)なので、ノートパソコンのUSBポートに、レシーバユニットを差し込みます。

USBポートにレシーバユニット

USBポートに、レシーバユニットを差し込んだあとは、マウス本体に乾電池を入れます。

乾電池を入れる場所は、マウスを裏向きすると、見つかります。乾電池をセットすると、マウスがすぐに動作可能になります。ドライバを入れるためのCD-ROMはありませんので、すぐに使用できます。マウスをより有効的に使うのであれば、エレコムのホームページから「マウスアシスタント」をダウンロードされると良いです。(http://www.elecom.co.jp/support/download/peripheral/mouse/assistant/)(ダウンロードは無料)

マウスを実際に動かす

今回は、「マウスアシスタント」を使わないで、実際に動かしてみましたが、ヨドバシカメラで実際に触ったときと同様に、手の大きな私でも、握りやすく、反応速度も良いので、満足です。







LINEで送る
Pocket