先日、鈴木謙一さんの書かれている海外SEO情報ブログで手動対策ビューア: ペナルティ状態をGoogleウェブマスターツールでチェック可能にという記事が公開されていました。

8月10日現在、手動対策ビューアは故障が起きて表示されていません。

手動によるウェブスパム対策が適用されているウェブサイトでは、

部分一致 手動による対策が特定のページ、セッション、リンクに適用されます。

理由

このサイトへの不自然なリンク – リンクに影響

他サイトからこのサイトへの不自然なリンク操作が検出されました。一部のリンクはウェブマスターが制御できない可能性があるため、この件に関してGoogleではサイト全体のランキングではなく不自然なリンクに対して必要な対策を実施します。

対象

参照リンク

上記のように、不自然なリンクに対して警告が表示されます。

この他にも、

手動による対策「サイト全体の一致」

※ちなみに私の管理しているサイトではないです。

先程の部分一致とは違い、こちらはサイト全体の一致で部分一致よりも、かなり深刻な警告です。対象が「すべて」となっていることから、深刻さがうかがい知れます。

サイト全体の一致の理由が、PageRankに影響を及ぼすリンクの購入やリンクプログラムへの参加などであると、ある程度具体的に書かれています。

このメッセージ以外にも違った内容のものが表示されているのがありましたら、ぜひスクリーンショットを拝見したいです。





LINEで送る
Pocket