今回は、ユーザーが記事をコピーしたら、コピーされた部分とページのURLを指定されたメールアドレスに通知してくれるWordPressプラグインであるCCC(Check Copy Contents)の紹介です。(※コピーした本人には通知されません)

 

インストール方法

 

WordPress ローカルサイト

WordPress ローカルサイトからダウンロードする場合は、こちら(http://wordpress.org/plugins/check-copy-contentsccc/)からできます。

 

wordpress.orgからDL

 

ダウンロードする際はオレンジ色の「Download Version○○」と書かれたボタンをクリックします。

 

GitHubからダウンロード

GitHubからダウンロードする場合は、こちら(https://github.com/kanakogi/CCC/releases)です。

 

GitHubのDL

 

「Source code (zip)」と「Source code (tar.gz)」の2つがありますが、「Source code (zip)」の方をクリックします。

 

Zipファイルを解凍

Zipファイルをローカル上にダウンロードして頂き、圧縮ファイルを解凍します。

 

cccフォルダ

 

ファイルを解凍すると、「CCC-ver.○○」というフォルダが表示されます。

 

CCCフォルダの中身

 

「CCC-ver.○○」というフォルダの中に、「check-copy-contents」というフォルダがあります。

 

サーバーにアップロード

 

この「check-copy-contents」というフォルダを、ご利用のサーバーにアップロードします。(アップロードする場所は/wp-content/plugins/〜以下になります。)(なお、今回はFTPソフト(ファイルジラ(FileZilla))を使用してアップロードしています。)

 

プラグインの有効化

CCC(Check Copy Contents)を、WorePressにアップロードしましたので、プラグインを有効化します。

 

プラグインの有効化

 

プラグインを有効化する場合は、WorePressの管理画面にログインして頂き、左サイドバーの「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」をクリックします。

 

有効化

 

クリックすると、インストール済みのプラグインが一覧で表示されますので、この一覧の中に「Check Copy Contents(CCC)」がありますので、プラグイン名の下の「有効化」という表示をクリックします。

 

これでプラグインの有効化は完了です。

 

設定方法

プラグインの有効化が完了しましたので、次に「Check Copy Contents(CCC)」の設定にうつります。

 

設定

 

設定を行う場合は、WordPressの管理画面の左サイドバーで「設定」から「CCC設定」をクリックします。

 

CCC設定

 

クリックすると、設定画面になります。

 

こちらで、

 

・通知先のメールアドレス(フリーメールでもOKです)

・通知メールの件名(わかりやすい件名が良いでしょう)

・通知メールのアドレス(「通知先のメールアドレス」で指定したメールアドレスでも問題ありません)

・感知する文字数(指定した文字数以上の場合に、メールアドレスに通知が届きます)

・ログインユーザーの時の通知(通知にチェックを入れることで、ログインしているユーザー(WordPressの管理者など)が記事をコピーしても、通知されません)

 

上記の項目を入力、もしくはチェックを入れて、最後に入力した内容に間違いがないかを確認し、下にある「登録」ボタンをクリックします。

 

クリックすれば、設定は完了となります。

 

通知されるメール内容

 

記事がコピーされた場合は、

 

タイトル

記事がコピーされました(設定画面で指定したもの)

 

内容

—————————————————

以下の本文がコピーされたようです。
—————————————————
(コピーされたところ、内容)
—————————————————
TIME: 2○○○/○○/○○ (時間)
URL: http://www.○○.net/○○/○○(内容をコピーされたURL)
IP: ○○.○○.○○.○○ (IPアドレス)
Browser: Mozilla/○○ (Windows ○○; ○○)  Chrome/○○ Safari/○○ (使用されたWEBブラウザ)
Referrer:(リファラー)
—————————————————

 

このようなメールが届きます。

 

感想

CCC(Check Copy Contents)というWorePressプラグインを紹介しましたが、個人的にはとてもおもしろいプラグインだと思いました。

 

設定してみると、早速記事をコピーされましたというメールが届いていたので、正直驚きました。

 

 





LINEで送る
Pocket