マカオ居民IDカードの電子化に関する法案が可決などのニュースの感想

■マカオ居民IDカードの電子化に関する法案が可決…QRコードを使った出入境から先行実施へ
https://www.macaushimbun.com/archives/44532

コメント:電子化されたマカオ居民身分証は、マカオ政府がスマートフォン用の公共サービスアプリ「一戸通(ワン・アカウント)」を通じて出入境用のQRコードを生成し、イミグレーション施設の自動出入境ゲートで読み取り可能にし、従来のカード型の身分証を持ち歩く必要がなくなり、出入境手続きがよりスムーズになるのは評価できる。さらに、マカオ政府は今後、電子身分証の応用範囲を拡大する予定でこれより、居民はさまざまな場面でカードを持ち歩かずに済むだけでなく、手続きや確認作業が迅速化される可能性がある。日本では、マイナカードに関するトラブルが発覚し、政府がてんやわんやになっているが、そうしている間にも他の国はテクノロジーを駆使して進歩しようとしている。

■厳しい国際競争だけじゃない。日本人の賃金がちっとも上がらない根本原因
https://www.oricon.co.jp/news/2283548/

コメント:企業が賃上げに応じるかどうかは、多くの要素によって影響を受けるということです。国際競争環境や雇用制度の違い、労働市場の特性、企業の経済状況など、複数の要素が絡み合っています。将来的には、労働者と企業のバランスを取りながら、より公正な賃金体系や働き方の改革が進むことが望まれる。あと日本は労働人口が今後減っていくことが予想されているので、労働力不足や人材確保の難しさから、企業は競争力を維持するために賃上げや福利厚生の改善に取り組まざるおえないと考える。それか業種によってはAIやロボットを導入しなければいけない状況となっている。

■「巨大ITはアプリストアや決算手段を開放せよ」、旗振る政府ににじむ懸念
https://news.mynavi.jp/article/20230619-2708491/

コメント:この記事を読んで感じたことはアプリストアの開放や決済手段の多様化は、利用者にとって選択肢の増加と競争の促進というメリットをもたらすが、一方で安全性やセキュリティの保証など重要な要素も考慮する必要がある。また、もし仮にアプリストアの開放や決済手段の多様化が進められた場合、ユーザーに対して安全なアプリの選択や信頼性の高い決済手段の利用方法などについて正確な情報とガイドラインを提供する必要がある。その提供は政府がやることになるのだろうか疑問だ。さらにアプリストアの開放や決済手段の多様化により、新たなプレーヤーやビジネスモデルが参入する可能性があり、政府は透明性の確保や公正な競争環境の構築に取り組む必要がある。適切な規制などを整備し、市場の健全な発展を支援することが出てくる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました