今回は、サイト愛を持ち”資産”を作るか、検索エンジンに対して歪む・不満に浸るかについてです。

 

検索エンジンは、貴方の所有物ではありませんので、強引にコントロールしようとすると、行った結果に対して報いをうけます。

思い通りにならないからといって、

 

歪む

苦しめる。責める。

URL:http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/184866/m0u/

 

心や行いなどが正しくなくなる。

URL:http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/224901/m0u/

 

検索エンジンに対して、「歪む」、もしくは「不満に浸る」方も、Twitterなどを見ていると見かけます。

 

検索エンジンに対して歪む、不満に浸り続けても、現状は良くなりません。良くならないどころか、歪むと検索エンジンに対してスパム行為を行い、悪化することもあります。

 

ただ、現状のままでいたい、居心地良いからこのままで良いといった方もいますので、その方たちの考えを変えるつもりはありません。変えるのは、ほぼ無理かと思います。

 

「検索エンジンを愛せ!」とまでは言いませんが、検索エンジンの検索の仕組みをきちんと理解して、検索エンジンが対応、処理できない部分などは、WEBマスター自らが行動し、知恵を出して工夫し、検索エンジン上で、最適な状態を作り出すように、心がけるようにすると良いと思います。これも違った”愛”ではないかと、個人的に感じています。

 

このような検索エンジン上で、最適な状態を作り出すような取り組みを行っていけば、行動したWEBマスターは恩恵を受けるばかりか、検索エンジンの利用者も良い結果が望めます。

 

最初に書きましたが、検索エンジンは、貴方の所有物ではなく、他人が所有しているものですので、これに対して愛情を注ぐというのは、難しいです。しかし、検索エンジンではなく、WEBマスターである貴方が所有しているサイトであれば、いくらでも愛情は注げます。

 

愛情を注ぐためには、お金・時間・スキルといったもの、企業サイトにおいては上司の説得といったものが必要となることもありますが、検索エンジンに対して歪む、不満に浸り続けて、別のところに注いでいるよりかは、こちらに注いだ方が懸命ではないでしょうか。

 

サイトにたっぷりと愛情を注ぐことで、将来的な資産となっていきます。ところが、検索エンジンに対して歪む、不満に浸り続けても、残るのは、さらなる不満や憎しみといったものではないかと思います。

 

私は少なくとも、検索エンジンに対して歪む・不満に浸り、ひねくれるよりも、サイトに愛情を注いで、より良い将来のために行動していきたいと思います。