2013年に入ってから見始めた海外ドラマ「The Walking Dead(ウォーキング・デッド)」の中で使われた(流れた)曲のまとめです。

 

現在はシーズン1~シーズン4までを掲載しています。シーズン5は現在調査中です。

 

オープニング(イントロ)

 

 

コメント:ウォーキング・デッドで、このオープニング曲を外すことはできません。個人的にはとても気に入っています。

 

シーズン1

 

第1話 「悪魔の幕開け」  英題:Days Gone Bye

 

Space Junk (Wang Chung ’97) by Wang Chung

 

コメント:主人公のリックがウォーカーの群れから逃れるために戦車の中に入るが逆に閉じ込められてしまい絶体絶命な時に無線から声が聞こえる時に流れる曲です。まわりはウォーカーだらけでどうやって戦車の中から抜け出すのか気になります。

 

The Mercy of the Living by Bear McCreary

 

第2話 「生き残るための方法」  英題:Guts

 

I’m a Man by Black Strobe

 

コメント:サイレンを鳴らしながら真っ赤なスポーツカーでグレンが道路を走る時にかかる曲です。

 

第3話 「命を掛ける価値」 英題:Tell It to the Frogs

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第4話 「弱肉強食」 英題:Vatos

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第5話 「救いを求めて」 英題:Wildfire

 

Sunshine (Adagio In D Minor) by John Murphy

 

第6話 「残された希望」 英題:TS-19

 

Tomorrow Is a Long Time by Bob Dylan

 

シーズン2

 

第7話 「長い旅路の始まり」  英題:What Lies Ahead

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第8話 「命の代償」  英題:Bloodletting

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第9話 「最後の銃弾」  英題:Save the Last One

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第10話 「涙に咲く花」  英題:Cherokee Rose

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第11話 「無限の生命力」  英題:Chupacabra

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第12話 「明かされる秘密」  英題:Secrets

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第13話 「死の定義」  英題:Pretty Much Dead Already

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第14話 「希望という幻想」  英題:Nebraska

 

The Regulator by Clutch

 

第15話 「繰り返されるウソ」  英題:Triggerfinger

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第16話 「決闘」  英題:18 Miles Out

 

Civilian by Wye Oak

Lazy Bones by Wooden Shjips

Driver’s Seat by Sniff ‘n’ the Tears

 

第17話 「生かすか殺すか」  英題:Judge, Jury, Executioner

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第18話 「深い森の中で」  英題:Better Angels

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第19話 「壊れゆく人格」  英題:Beside the Dying Fire

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

シーズン3

 

第20話 「厳しい冬を越えて」  英題:Seed

 

The Parting Glass (From “Walking Dead”) by Beth & Maggie Greene

The Parting Glass by The Clancy Brothers & Tommy Makem

Noisy Sunday by Patrick Watson

 

第21話 「縄張り争い」  英題:Sick

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第22話 「暗黒の楽園」  英題:Walk with Me

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第23話 「命の決断」  英題:Killer Within

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第24話 「愛が狂った時」  英題:Say the Word

 

Étude in E Major – Op. 10, No. 3 by Frederic Chopin

I’m Ready To Rock by Warlock

 

第25話 「届かぬ想い」  英題:Hounded

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第26話 「隣り合わせの恐怖」  英題:When the Dead Come Knocking

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第27話 「悲しい再会」  英題:Made to Suffer

 

Bye, Baby Bunting by Raya Yarbrough

 

第28話 「死闘の果て」  英題:The Suicide King

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第29話 「宣戦布告」  英題:Home

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第30話 「表と裏の狭間で」  英題:I Ain’t a Judas

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第31話 「守るべき思い出」  英題:Clear

 

Lead Me Home by Jamie N Commons

 

第32話 「休戦協定」  英題:Arrow on the Doorpost

 

Warm Shadow by Fink

 

第33話 「逃れられない呪縛」  英題:Prey

 

You Are the Wilderness by Voxhaul Broadcast

 

第34話 「この世の定め」  英題:This Sorrowful Life

 

Turn It Up by Ted Nugent

Fast and Loose by Motorhead

 

第35話 「奇襲攻撃」  英題:Welcome to the Tombs

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

シーズン4

 

第36話 「嵐の前の静けさ」  英題:30 Days Without an Accident

 

Precious Memories by The Stanley Brothers

 

第37話 「新たな脅威」  英題:Infected

 

I Don’t Wanna Grow Up by Tom Waits

I’ve Got You Under My Skin by Frank Sinatra

 

第38話 「集団感染」  英題:Isolation

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第39話 「傷だらけの絆」  英題:Indifference

 

Serpents (Demo) by Sharon Van Etten

 

第40話 「遠のく希望」  英題:Internment

 

Oats in the Water by Ben Howard

 

第41話 「葬られた過去」  英題:Live Bait

 

The Last Pale Light in the West by Ben Nichols

Une Larme by Jeno Jando

 

第42話 「蘇る過去」  英題:Dead Weight

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第43話 「最期の決戦」  英題:Too Far Gone

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第44話 「そして、独りに」  英題:After

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第45話 「生存者たち」  英題:Inmates

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第46話 「危険なよそ者」  英題:Claimed

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

第47話 「本音の杯」  英題:Still

 

Up the Wolves by The Mountain Goats

 

第48話 「孤独と温もり」  英題:Alone

 

Blackbird Song by Lee DeWyze

 

第49話 「正気な狂気」  英題:The Grove

 

Maybe by The Ink Spots

 

第50話 「トンネルの彼方へ」  英題:Us

 

Be Not So Fearful by AC Newman

 

第51話 「終着駅」  英題:A

 

このエピソードで使われた曲はありません。

 

参考:The Walking Dead Music – TuneFind

 

感想

 

ウォーキング・デッドはただのゾンビを倒すだけの物語ではなく、ゾンビが徘徊する世界でどう生き抜いていくか、もしくは世界中がゾンビだらけになってしまって人間は自分一人になってしまったら、どのような精神状態になるのかをうまく描いているドラマだと私は思っています。

 

私は最初ウォーキング・デッドを知った時にただのゾンビ映画のようにドラマが進んでいくかと思っていましたが、エピソードが進むにつれてただのゾンビだけを倒す物語ではないということを知りました。

 

 

物語の舞台を演出してくれるものとして欠かせないのが、音楽です。ウォーキング・デッドで使われている曲はとても耳に馴染みやすい曲だと個人的には思っています。

 

現在、販売されているウォーキング・デッドのサウンドトラックは収録している曲は少ないですが、購入して1度聞いてみると気に入る曲があると思います。

 





LINEで送る
Pocket