今回は、アメブロ(アメーバブログ)が、Googleウェブマスターツールの「モバイルユーザービリティ」のチェックで警告が表示され、また日別アーカイブページでは“noindex,follow”が設置されるようになっていることについてです。

本日、ソーシャル上でSEO関連の記事を拝見しておりますと、アメブロがモバイルユーザービリティチェックで警告表示されるのでカスタマーサービスに聞いてみたという記事が公開されていました。

この記事では、アメブロ(アメーバブログ)でブログを作成された方が、作成したブログはスマートフォン対応されておらず、ウェブマスターツールの「モバイル ユーザビリティ」で、エラー(警告)が表示されているというものです。

モバイル ユーザビリティ

 

ウェブマスターツールのモバイルユーザビリティ確認は、ダッシュボードから「検索トラフィック」→「モバイル ユーザビリティ」で問題を確認できます。

この方は、モバイルユーザービリティで警告が表示されている件の対処と、日別ページで“noindex,follow”が設置されていることについて、Amebaカスタマーサービスにお問い合わせされています。

Amebaカスタマーサービスです。

お問い合わせの件になりますが、アメーバブログの一部ページに対し、Googleウェブマスターツールのモバイルユーザビリティチェックが警告が出ているとご連絡いただいた件につきまして、以下のとおりご案内いたします。

①月間アーカイブページについて
対象のページに対応するスマートフォン用ページをGoogleのクローラに知らせるタグを追加する対応を予定しております。

②日別ページについて
こちらにつきましては、ウェブマスターページの仕様でございますので、当方及びお客様側で対処できることはございません。

今後も気になる点がございましたら、どうぞお問い合わせフォームよりご連絡をいただけますようお願いいたします。

http://ameblo.jp/mamaru14/entry-12012283588.html

上記がAmebaカスタマーサービスからの回答です。こちらで転載させて頂きました。

とても興味深い記事でしたので、私が普段から使っているGoogle+でも、この記事を投稿したところ、


海外SEO情報ブログの著者である鈴木謙一さんがこの記事を取り上げてくださいました。この投稿の中で、サイバーエージェントSEO責任者の木村賢さんが、

モバイルフレンドリーの件ですが結構対応は迷っている部分ももともとはありまして、そもそも今回のGoogleの対応は、現在検索で上位に表示されているものに影響が出るだけであって、サイトやドメイン単位でペナルティが来るようなパンダやペンギンのようなものとは異質なものと確認できています。

そのため、モバイルフレンドリーになっていないところというのは実は意図的に放置していたというのはあります。(意図的放置というと聞こえが悪いですが、他を優先していたということです。)
ただ、ユーザーが心配をされることを考慮して4/21までには対応するというロードマップにしております。

本当はよりユーザーさんに影響が強い部分の改修を優先したかったのですが、ユーザー様に気持ちよくブログを書いていただくことを優先した次第です。

また、noindexページのWMTエラーについてはこちらでは対応のしようがないのでなんとも・・・。というところです。

という回答をして頂けました。

モバイル フレンドリー(スマートフォン対応)かどうかをランキング要素として使用し始める2015年4 月21 日までには、対応してくださるようです。(参照:検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

本当は、ブログ記事を書かれている方にコメントだけで済ませようと思ったのですが、アメブロを利用して未だに知らない方や不安な方も多いかと思いますので、こちらで公開致します。

最後に、このような回答を頂けるとは思っていませんでしたので、ちょっとしたことでも行動してみるものだと思いました。





[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket