1.「コピペチェックツール『影武者』」

 

URL:http://kagemusya.biz-samurai.com/

 

コメント:株式会社サムライファクトリーが提供しているツール。フリープランだと検索回数が10回まで。

 

2.重複コンテンツ・ミラーサイト・類似ページ判定ツール sujiko.jp

 

URL:http://sujiko.jp/

 

コメント:ディーボが提供しているツール。無料で提供しているが、注意事項を見ると「コンサルティング、提案を含む商用利用を一切禁止」となっているので注意が必要です。

 

3.Similar Page Checker – Duplicate content checker

 

URL:http://www.webconfs.com/similar-page-checker.php

 

コメント:海外の類似ページ判定ツール。

 

4.コピペルナーV3

 

URL:http://www.ank.co.jp/works/products/copypelna/Client/

 

コメント:株式会社アンクが提供しているツール。全国の大学など352校に導入されている模様。本来は学生のレポート・論文がインターネットなどからコピーされたものか判定するもの。

 

5.コピーペースト自動チェック「チェッタ」

 

URL:http://chetta.biz/

 

コメント:株式会社ユービジョンが提供しているツール。残念ながら、2013年5月31日で新規登録は終了している。さらにサービス自体も2014年6月10日に終了する予定です。主にアフィリエイター向け。

 

6.コピーコンテンツチェックツール|『SERMS』シームス

 

URL:http://serms.net/

 

コメント:グーラン株式会社が提供しているツール。無料体験版だと「3サイト/アカウント・上位15インデックス/1サイト・上位30センテンス/1インデックス」とのこと。サイトボリュームが多いとチェックするまでに日数がかかる。

 

7.コピーコンテンツチェックツール|FerretPLUS(フェレットプラス)

 

URL:http://tool.ferret-plus.com/textchk

 

コメント:株式会社ベーシックが提供しているツール。類似度とSEO順位から危険度を判定してくれるので分かりやすい。

 

8.記事・文章コピペ検出チェックツール「コピペリン」

 

URL:http://saku-tools.info/copyperin/

 

コメント:株式会社サクラボが提供しているツール。検索回数は無制限で、全額返金保証付きとなっています。

 

9.剽窃チェッカー:レポートなどの文がコピペかどうかチェックします

 

URL:http://plagiarism.strud.net/

 

コメント:無料で利用できるツール。入力できる文字数あり。多言語に対応しています。

 

まとめ

 

この記事を公開する前に他のサイトで既にコヒペ・ミラーチェックツールがまとめられていたので、やっぱりコンテンツは先に公開したもの勝ちだなと思いました。

 

でも、自分が後で振り返った時にまとめを作っておくと便利だと感じたので、保存用として公開してみました。

 





[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket