賢威ライト版を、そのまま使うと、WMT上で「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」と届いたので、報告です。

 

私は、このブログ以外にいくつかサイトを運営しています。その一部の運営しているサイト(WordPress使用)で、ホームページテンプレート「賢威」ライト版を使っています。ちなみ、WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル(著者:松尾茂起)を購入した時に、特典として付いてきたテンプレートです。気に入っていたので、そのまま使い続けていました。

 

WMTモバイル警告

 

Google のシステムは、貴サイトの 6 ページをテストし、そのうちの 100% に重大なモバイル ユーザビリティ上の問題を検出しました。この 6 ページの問題の影響で、モバイル ユーザーは貴サイトを十分に表示して楽しむことができません。これらのページは Google 検索でモバイル フレンドリーとは見なされないため、スマートフォン ユーザーにはそのように表示、ランク付けされます。

 

「賢威」ライト版を使っているサイトをGoogleウェブマスターツールに登録してあるのですが、先日「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」というメッセージが届きました。WordPressでは、スマホ対応のプラグインである「WPTouch MobilePlugin」といったものを入れていなかったので、恐らくこれが、原因だと思われます。

 

ちなみに、今の賢威6.2(http://www.seo-keni.jp/)は、レスポンシブデザインWEBデザインに対応しているので、スマホレイアウトに変換されるので、「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」というメッセージは届きません。

 

賢威ライト版をそのまま使い続けていたり、スマホ対応のプラグインとかを入れていない方は注意した方がいいです。

 





LINEで送る
Pocket