サイト内の既存ページに新しい情報を追加・リライトして、素早く検索者にアプローチすることについて解説します。

 

※この方法は、GoogleWEBマスターツールの「Fetch as Google」を使用したものであり、インデックスは保証していません。

※行う場合は、自己責任でお願いします。

 

リライト・追加

 

今回は、サイト内の既存ページ(既にサイト内に存在し、検索エンジンにインデックスされているページ)に対して、ページを公開してから古くなっている情報を、新しい情報を追加し、リライトして、素早く検索エンジンにインデックスさせます。サイトの運用状況や環境・ドメインのオーソリティ等で、新しいコンテンツの追加であれば、比較的に早く検索エンジンにインデックスされますが、素早くインデックスさせたい、検索者に早くお知らせしたい場合には有効かと思います。既に検索エンジンにインデックスされているページであれば、なかなか新しい情報を追加しても、クロールしてくれないといった場合も発生する恐れがあります。

 

新しい情報を追加する場合には、事前にリサーチし、検索者にとって必要であると判断できる・価値のあるといったことを考慮し追加する必要があります。

 

入念なリサーチや、既存ページのリライトを行い、公開した際には、事前にGoogleウェブマスターツールに登録し、ウェブサイトを追加しておきます。

 

ウェブマスターツールにログインしていただき、

 

サイト追加

 

追加したウェブサイトを選択します。

 

ダッシュボード

 

選択すると、追加したウェブサイトのステータスなどを確認できる画面になります。左側に「サイトのダッシュボード」がありますので、「クロール」をクリックします。

 

Fetch as Google

 

クリックすると、プルダウンメニューであらわれます。このメニューの中から「Fetch as Google」をクリックします。

 

Fetch as Google画面

 

クリックすると、Fetch as Googleの画面になります。こちらで、サイト内の既存ページ(既にサイト内に存在し、検索エンジンにインデックスされているページ)のURLを、中央にある入力フォームに入力します。ちなみに今回は、「PC(パソコン)」でのインデックス送信になりますので、入力フォームの隣にあるプルダウンメニューには「PC」になります。

 

インデックスに送信

 

PC以外にも「モバイル:スマートフォン、モバイル:XHTML/WML、モバイル:cHTML」が選択可能です。

 

取得

 

入力フォームに、インデックスに送信したいURLを入力した後は、間違いがないか確認し、赤色の「取得」ボタンをクリックします。

 

インデックスに送信

 

クリックすると、「パス/Googlebotの種類/ステータス」といったところに、取得したURLが「パス」として表示されます。こちらで、取得したURL(サイト内の既存ページ)をインデックス送信するために、「インデックスに送信」ボタンをクリックします。

 

送信方法の選択

 

クリックすると、「送信方法の選択」画面になります。インデックス登録の対象URLが表示されます。先ほど入力し取得したURLで間違いがないか確認し、「このURLのみをクロールする」を選択します。(※月間割り当てが500件までとなっています。)

 

選択後、水色の「送信」ボタンをクリックします。

 

送信完了

 

クリックすると、インデックス登録の対象URLが、Googleのインデックスに送信されます。

 

再クロールが実行され、新しい情報を追加・リライトした既存コンテンツがインデックス登録されます。

 

トラフィック

 

実験として、新しい情報を追加・リライトし既存コンテンツ(タイトルタグの変更も含む)を、WEBマスターツールの「Fetch as Google」からインデックスに送信してみました。コンテンツのテーマに関するイベントが開催がかさなり、アクセスがアップがすることができました。

 





[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket