今回は、検索順位が下がることで、”発見する”などが多く、サイトや運営者を成熟させるということについてです。

 

WEBページの検索順位が落ちて、”発見”や”学習”ことも多いです。

 

「検索エンジンでの検索順位が下がる=失敗した、もうダメだ」

 

このように感じられる方も多いと思いますが、検索順位が下がることで、運営しているサイト内のコンテンツで、公開しなければいけない情報や、コンテンツ制作をする上で習得しておかなければいけないことなどを発見する、気が付き学習することもできます。

 

習得しておかなければいけないことなどを、運営者自らが身につけることで、さらなる検索エンジンでのトラフィック増加が見込めます。これはサイトのみならず、”運営者が成長”する(スキルアップする)ことにも繋がります。

 

また、検索順位が下がった意味を理解し、サイト内のコンテンツを修正・改善を行うことで、検索順位の回復やトラフィック増加が見込めます。

 

検索順位が下がったとしても、検索エンジンがクロールできる環境が整っているサイトであれば、検索エンジンがサイトをクロールし、自然検索結果のどこかには表示されますので、その後、何度でも修正や改善を行い、上位表示されるように試すことができます。

 

ただ、Googleのガイドラインに違反し、手動でスパム対策が適用されており、現在のサイト状況を考慮すると、どうしても試行するのが難しいといった場合もあります。

 

検索順位で上位に表示しているも大事

もちろん、検索順位が上位に表示している、上位を維持できるのであれば、検索結果で露出されますので、検索者との距離が接近し検索トラフィックが増加が見込めます。これに越したことはありません。

 





[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket