中山陽平さんが運営されているWEB戦略ラウンドナップというサイトでブログパーツ(ウィジェット)内のリンクはnofollowをつけるべきとGoogleが回答という記事が公開されていました。

 

この中で、

 

遅かれ早かれ「リンクを隠していない」ウィジェットも、同様にペナルティになる可能性が出て来ました。

 

SEO目的ではなくとも集客目的でウィジェットを配布している方は、早めにnofollow設置対応をすべきかと思います。

 

このようなことが書かれていましたので、日本国内でnofollowを設置していないブログパーツ(ウィジェット)があるのか調査してみることにしました。

 

すると、

 

1.赤い羽根ブログパーツ | 赤い羽根共同募金

 

URL:http://www.akaihanebokin.jp/

 

赤い羽根ブログパーツ

 

2.ブログパーツ|政府の節電ポータルサイト「節電.go.jp」

 

URL:http://setsuden.go.jp/logodl/blog_toden

 

政府の節電ポータルサイト「節電.go.jp」のブログパーツ

 

コメント:Flash版ではアンカーテキストは確認できませんが、GIF版はnofollowではないアンカーテキストが確認できます。

 

3.Hondaファンパーツ|便利で楽しい機能搭載のブログパーツ

 

URL:http://www.honda.co.jp/hondafan/parts/main/index.html

 

Hondaファンパーツ

 

コメント:HONDA公式のページとなっています。

 

4.ブログパーツ:森のビスケット

 

URL:http://www.morinaga.co.jp/morino_biscuit/blog.html

 

ブログパーツ:森のビスケット

 

コメント:森永のお菓子のブログパーツです。

 

5.漢検DS3デラックス – ブログパーツ – ロケットカンパニー

 

URL:http://www.rocketcompany.co.jp/kanken3/blogparts/

 

漢検DS3デラックスブログパーツ

 

コメント:財団法人日本漢字能力検定協会認定の漢検DS3デラックスのブログパーツです。

 

※臨時で追加される場合があります。

 

調査した感想

 

上記のブログパーツ(ウィジェット)内でnofollowがつけられていませんでした。何気に有名なものもいくつかありました。

 

今回nofollowリンクではなかったブログパーツがペナルティになる可能性があるかについては難しいところです。

 

中山陽平さんの記事にも、

 

その理由としては

・ウィジェットをサイトに埋め込んでいる人は、そのウィジェットの機能を埋め込んでいるという認識はあるだろう
・しかしそれ以外に、リンクを埋め込んでいると言う意識を持っていないことが多い
・だとしたら、リンクという形でPageRankを渡すようにすべきではない(意図して貼ったリンクではないので)

ということのようです。

これはなかなか判断が難しいところだなとは思います。

役に立つウィジェットだから、あるいはそのウィジェットについてより知りたい時に参照先としてウェブサイトへのリンクを張っておきたいな、と言う気持ちは「ナチュラル」といって良いかと思います。

いわゆる隠しリンクなどは明らかにNGなので分かりやすいですが、今回のケースは線引が難しいなという印象です。

 

このようなことが書かれており、私も今回のケースは線引きするのが難しいと考えています。

 

またSearch Engine Landのコメント欄でも、ディスカッションが起きているようで私は話題になっても全然不思議なことではないと思っています。

 

最近、「nofollowにするべき」という話題が多いような気がします。

 





[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket