今回、Google手動による対策で、何回再審査をリクエストしても、取り消されないことについてです。

 

現在から過去にさかのぼる

 

検索結果上のサイトで変化見られ、Googleウェブマスターツールに登録し、確認すると、手動によるスパム対策が適用されており、原因となる箇所を修正し、再審査をリクエストしたが、手動によるスパム対策が取り消されず、何回審査をリクエストしても通らない場合、現在から過去にさかのぼって、しらみつぶし過去を清算することが大事です。

 

しらみつぶし”過去の清算”が全て行い終わり、Googleに再審査をリクエストし、結果として、いぜんとして手動によるスパム対策が取り消されないことがあるかもしれません。

 

このような場合、現在から過去にさかのぼると、既に確定してしまったことがほとんどです。確定してしまっていることは、変えるのが非常に困難です。場合によっては、取り除けることはあるかもしれません。

 

現在から未来

 

きちんと過去の清算が完了しているにも関わらず、何度も再審査をリクエストし、Googleの手動によるスパム対策が取り消されない、いぜんとして、原因となる箇所が残っている場合は、現在から未来に目を向けてみることが必要ではないかと考えています。これからくるであろう未来を未然に防ぐことも必要ではないかと感じています。視野を広げてみることが必要です。

 

過去は既に確定してしまったことがほとんどありますが、未来というのは未確定がことがほとんどです。もちろん、「期限」や「納期」といった、既に確定されている予定はあるかもしれません。

 

Google側も、手動によるスパム対策を適用して、過去の清算をさせようとしている可能性がありますが、既に起こしてしまったことは、Googleの目の届く範囲であります。

 

未来はこれから起こることであり、Google側からしても、不確定なことが多く、不安になるのではないでしょうか。不確定な未来を、より確定させたいと考えていることもありえます。

 

もしかすると、再審査をリクエストし、手動によるスパム対策が取り消されたので、解除された側は、比較的簡単に解除されたので、また同じような手動や対策を行っても、同じような方法で、手動によるスパム対策は取り消されると考えている方も世の中にはいるのではないかと考えています。

 

過去は、限定されてしまっている部分が多々ありますが、未来は、不確定な部分が多々あり、同じようなことを繰り返してしまう人や、過去に行ったことを認めて、新しく生まれ変わる人などが、存在しています。

 

そんな不確定な部分が多い未来は、Google側において不安の多いものかと思います。Google側も何度も同じサイトに対して手動にスパム対策を適用するのは、手間であるため、リクエストされた内容を厳しく審査している可能性もなくはないです。再発の危険性があるため。

 

ただし、これは全て憶測であり、実際に何回も再審査をリクエストし、解除した例が今までのありませんので、そこは予めご了承くださいm(__)m

 

ちゃんと”過去の清算”を行っているのに、再審査をリクエストしても、取り消されないことに対して、利用者は、「再審査リクエストをちゃんと見ていないのではないか?」、「内部の人の対応が遅いのではないか、人数が足りていないのではないか」、「Googleが休暇に入っているのではないか」といった疑問などをなげかけるのは、分からなくもないです。

 

ただ、Googleも1企業(会社)であることを忘れてはいけないでしょう。

 

Googleから手動による対策で、何回再審査をリクエストしても、取り消されないことについて、私もできる限り、”無料で対応”したいと考えていますが、作業に対する賃金を無料にするのはあまりにもあれなので、無料にするかわりに条件として、Googleウェブマスターツールに届いた手動によるスパム対策が、取り消された場合は、当ブログ(kazuuu.net)で手動によるスパム対策を取り消された事例を全面的に公開することとしたいと考えています。

 

(サイト運営者などに対して、協力していただきたいこともありますので、全面的に協力いただける方を対象にします。また作業をスムーズに行えるようにするために、WEBマスターツールの共有化できる方に限ります。)

 

もし、何回再審査をリクエストしても、取り消されないことについて、相談のある方は「お問い合わせ」フォームからご連絡ください。場合によっては抽選、もしくは先着順となる恐れがありますが、1度ご連絡ください。

 





LINEで送る
Pocket