今回は、検索エンジンを学習させて、恩恵を受けることができます。

 

検索エンジン

 

利用者

ここでの、検索エンジンの利用者とは、コンテンツの著者やサイト運営者なども含まれます。

 

利用者は、コンテンツを制作することで、検索エンジンにインデックスされ、検索結果でコンテンツが表示されます。表示されたコンテンツは、検索エンジンが登場してから、現在まで進化してきているため、ある程度検索者(もしくは、検索エンジンが判断した検索者)にとって、有益なコンテンツが表示されるようになってきている。

 

コンテンツにとっては、有益ではないコンテンツも存在しているが、知らず知らずに私たちは何かしら検索エンジンが利用者にとって、良い結果になるように労働させられているのではないかと考えられる。

 

場合によっては、GoogleAdSenseといったものを利用することにより、コンテンツを作り出す労働を行った結果として、報酬を受け取ることができるかもしれません。

 

そもそも「労働」とは?

 

・からだを使って働くこと。
・(経済学)人間が自然に働きかけて、生活手段や生産手段などをつくり出す活動のこと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%B4%E5%83%8D

 

検索エンジンを利用する者は、自分自身では「労働」させられているとは気が付いていないですが、労働とは人が自然に働きかける(あるがままの状態、意識しない状態)で、現在の生活が今までよりも豊かになるように手段を作り出したり、今までよりも効率的することで、損が出ないように改善することも含まれるでしょう。

 

貴方自身がコンテンツを制作することは、検索エンジンがより良い結果を表示させるために、知らず知らずに労働、または貢献しているといえるのではないでしょうか。

 

検索エンジンは検索者(もしくは、検索エンジンが判断した検索者)にとって、有益なコンテンツを「ある程度」表示させられるようになってきてはいますが、一部ではスパム行為などで汚染されているもこともあり、カバーしきれない部分は、利用者の判断で行う外部リンクによる評価などによって、検索エンジンを学習させているといったことが言えるのではないかと思います。

 

もしくは、利用者自身が検索エンジン上におけるサイトの評価票といっても良いリンクを作り出すことで、検索結果上でコンテンツが発見されることを促し、検索者にとっての生活手段や生産手段を作り出す労働を行っていると言えるかもしれない。

 

一方で、サイト上でコンテンツを公開し、「検索エンジンが勝手にインデックスした」という考えもあるが、検索エンジンは他人がコントロールするものであり、インデックスしてほしくないのであれば、サイト運営者自身が、適切な対処を行わなければならない。

 

検索エンジン

検索エンジン側は、利用者が作り出したコンテンツ、その他の労働に対して、検索者、もしくは利用者がより良い結果(幸福や豊かな生活)になるように、適切に表示しなければいけない。

 

検索者にとって、より良い結果を返すことで、検索者、もしくは利用者は恩恵を受けることになる。

 

適切に表示しなければいけないのだが、検索エンジンは人が作り出し”プログラム”であるため、バグやエラーなどはどうしても起こってしまう。

 

そのため、検索エンジンを作り出し者や利用者の手によって、学習や改善しなければいけない部分がある。このようなことから、検索エンジンは”持ちつ持たれつ”の関係ではあるのではないかと考えられる。

 

一方で、「検索エンジンの検索結果で、わざわざ有料、苦労して得たものを、無料で検索者に対して公開しなければいけない」という考えもあるが、有料、苦労して得たものを持っている方も、何かしら検索エンジンから恩恵、影響を受けている可能性がある。

 

有料、苦労して得たものを検索エンジン上で公開し、共有されやすい環境に置くことで検索者が発見し、意見や批判などを述べ、それを公開することで、検索エンジンではなく、コンテンツを公開した者が受容することで、学習や成長し、さらなるコンテンツの創造や貴方が豊かな生活を作り出す可能性を秘めています。

 





LINEで送る
Pocket