検索エンジンの検索結果では、多くのWEBページを確認することができます。

 

Google検索結果

 

検索結果で、多くのWEBページを確認することにより、私たちは多くの情報を知ることができます。

 

検索結果から得ることは多く、それにより、コンテンツを改善・生み出すことが可能ではないでしょうか。

 

正確性を確かめる

貴方がWEBサイト運営者だった場合は、公開するコンテンツが、どこまで正確なのか、本当に正しいのかを知るすべになることが考えられます。

 

これから公開するものだけではなく、公開したコンテンツがどこまで正確性の高いものなのか、検索結果内のWEBページを確認することで、ある程度の目安ができるでしょう。あくまでも目安であり、検索結果内には誤った情報を掲載しているものも多いので、注意する必要があります。

 

多くの情報などに触れることで、自らが比較・検討し、何が良く何が悪いかを見極めることが必要ではないかと思います。

 

正確かどうなのかを知ることで、貴方が誤っていた部分は発見し、コンテンツの改善ができます。

 

検索エンジン以外でも、書籍を読むなどを行うことで、正確性を確かめることができますが、より身近で手軽なものとしては”検索エンジン”が挙げられるのではないでしょうか。

 

教養を習得する

検索エンジンの検索結果内では、多くのコンテンツが表示されます。

 

コンテンツは、

 

人間の創造的活動により生み出されるもののうち、教養又は娯楽の範囲に属するものをいう、としている。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%84

教養

教え育てること。

社会生活を営む上で必要な文化に関する広い知識。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/57158/m0u/

 

教養の範囲に属するものも含まれています。

 

検索エンジンで発見したコンテンツから教養を習得することで、さらなる人間の創造的活動への意欲が生まれ、新しいコンテンツが生まれる可能性があります。そして、私たちは、新しいコンテンツを検索エンジンで発見することで、それを習得し、また次のコンテンツが生まれる可能性があります。

 

また教養を習得することで、貴方自身のコンテンツを見直し、改善することもできます。

 

検索順位を見る

検索エンジンでの検索順位が下のものは、上へ上がろうとして、競争心が生まれます。

 

競争心が生まれることは悪いことではなく、「他人のコンテンツよりも、優れたものを作り、他人を幸せにすることで、自分も幸せ」だと感じることができます。他人の幸せのために、さらに他人よりも優れたコンテンツを公開するように努力するようになるのではないでしょうか。

 

ただ、一方で競争心が生まれることで、「どんなことをしても、誰よりも上に這い上がりたい」という気持ち、独占欲といったものが出てくる可能性があります。その結果、検索エンジンの検索結果内が、スパムで汚染させることになってしまう恐れがあります。

 

検索順位で競争することで、「勝つもの」と「負けるもの」が出てきてしまう。これは検索エンジンのシステム上仕方のないことであるが、そもそもコンテンツ自体に「勝者」、「敗者」は存在しない。

 

検索エンジンの検索結果1ページは1~10位まで存在し、コンテンツがその順位のいずれかに表示され、上か下によって「勝った」、「負けた」と感じることがあるが、本来コンテンツ自体には「勝者」、「敗者」はない。他人の評価によって、「○○より劣っている」、「○○より優れている」というのはあるかもしれない。

 

「メディア」の中身の、文字列・音・動画などのことで、それらの内容である著作物を指すことも多い。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%84

 

検索順位で競争することに執着すると、同じようなものや似たものが溢れる可能性がある。競争することにとらわれず、貴方が生まれてきてから現在までに培った経験や得た情報、習得した知識などを元に、独創的な発想をもってコンテンツを生むことが大事ではないでしょうか。

 

出会ったことのないものに出会える

検索エンジンの検索結果には、世界中数多くのWEBページとつながっています。

 

数多くのWEBページとつながっているということは、貴方が今まで出会ったことがない、触れることのなかったコンテンツに出会える可能性はじゅうぶんにあります。

 

今まで出会ったことがないコンテンツに触れることで、刺激を受けて、新たなコンテンツや従来のコンテンツが改善させる可能性があります。

 

Google検索がコンテンツを作って表示させているではなく、大半は世界中の人々が作ったコンテンツを表示しています。(一部では、Googleが作ったコンテンツを表示していることもあります。)

 

世界中の人々が作ったコンテンツは、意図的か、もしくはGoogleがクローリングを行い、勝手にインデックスされたものもあります。

 

競合の存在

検索エンジンの検索結果内では、貴方の運営しているWEBサイトの競合にあたるサイトを発見することがあります。

 

競合を知ることで、競争心が湧き、既に公開されている、もしくはこれから公開しようとしているコンテンツを磨くことができるかもしれません。

 

競合の存在を確認することで、貴方と競合相手がどのくらい違うのか、離れているのかといった”ものさし”ではかることができます。

 

また、競合を知ることで、サイトの弱みを見つける、強さを見つけ出すことができる可能性があります。貴方自身のコンテンツを見直す機会でもあります。

 

妥当性を知る

検索エンジンの検索結果を確認することで、既に公開されている、もしくはこれから公開しようとしているコンテンツが、検索結果内で妥当なのかどうかを知ることができます。

 

 うまく適合する度合い。「―に欠ける」「―を問う」

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/137778/m0u/

 

妥当してない場合は、改善が必要であります。

 

ただ、検索エンジンの検索結果内で、適合が増えることにより、同じようなもの・似たようなものが増えてしまい、検索者に対して混乱を招いてしまう恐れがある。

 

 

 

バックリンクから知る

検索エンジンの検索結果内には数多くのWEBページがインデックスされており、表示されているURLからバックリンクを調べることができます。

 

「Open Site Explorer」

URL:http://moz.com/researchtools/ose

「Ahrefs Site Explorer」

URL:https://ja.ahrefs.com/site-explorer/

 

被リンク調査ツールで、リンクを調べることにより、リンクをはったユーザーの意図を理解し、コンテンツに改善を加える、新たなコンテンツを生み出す意欲にもつながります。

 

特に、検索上位に表示されているページを調べることで、検索結果で表示させるヒントになります。

 

比較や評価が行われる

検索エンジンは、世界中の人々がほぼ観覧することができる状態であり、貴方のコンテンツが、検索結果に表示された時点で、他者から比較や評価が行われます。

 

コンテンツを観覧した読者の、今後の人生、もしくは日常生活を歩んでいく上で大きく影響を与えてしまう恐れもあります。コンテンツを観覧した結果、良い方向へ行くか、誤った方向へ行くかは、読者各自に委ねられます。

 

こちらとしては、誤解を生まないように文章を工夫するなどの対策が必要になるかと思います。

 

一方、サイト運営者が公開したコンテンツにより、レッテルをはられてしまうこともあります。これは、コンテンツを制作した者だけではなく、サイトを運営している会社・運営者にも被害が広がる恐れがあります。

 

比較や評価を行われることは、良い面もありますが、悪い面も潜んでいることを忘れてはいけないでしょう。

 





[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket