今回は、記事下に関連記事・広告・定型文を表示させるWordPressプラグインである「Add Post Footer」の紹介です。(このプラグインは2年間以上更新されていないため、WordPressの最近バージョンで使用した場合、互換性の問題が発生する恐れがあります)

 

ダウンロード方法

 

WordPressのローカル サイト

こちら(http://wordpress.org/plugins/add-post-footer/)からダウンロードできます。

 

インストール方法

ローカル上に「add-post-footer.zip」というフォルダを保存して頂きます。

 

add-post-footerというフォルダ

 

「add-post-footer.zip」というフォルダを解凍していただくと、「add-post-footer」フォルダがローカル上に表示されます。

 

フォルダの中身

 

「add-post-footer」フォルダの中には「add_post_footer.php」、「example_style.css」、「readme.txt」というファイルが確認できます。

 

この「add-post-footer」フォルダをFTPソフトを使い、ご使用のサーバーにアップロードします。

 

サーバーにアップロード

 

(アップロードする場所は/wp-content/plugins/〜以下になります。)(なお、今回はFTPソフト(ファイルジラ(FileZilla))を使用してアップロードしています。)

 

FTPソフトを使わずに、インストールを行う場合は、

 

WordPress左サイドバー

 

WordPressにログインして頂き、左サイドバーの「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

 

WordPressplugin002

 

クリックすると「プラグインのインストール」画面になります。こちらで検索のところにある入力ボックスに「Add Post Footer」と入力していただき、「プラグインの検索」ボタンをクリックします。

 

検索結果

 

クリックすると、プラグインで「Add Post Footer」が表示されます。プラグイン名の下に「いますぐインストール」と表示されていますので、こちらをクリック。

 

インストール確認画面

 

クリックすると「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?」という確認になりますので、「OK」ボタンをクリックします。

 

インストールしているプラグイン

 

クリックすると、インストールが開始されて、「完了しました」という表示が出れば、インストールが完了します。有効化したい場合は「プラグインの有効化」をクリックします。

 

プラグインの有効

 

プラグインの有効化

 

プラグインを有効にする場合は、WordPressの管理画面の左サイドバーから、「インストール済みプラグイン」でプラグイン名:「Add Post Footer」の下にある有効化をクリックします。

 

設定

 

設定方法

 

「Add Post Footer」の設定を行う場合は、WordPressの管理画面の左サイドバーから「設定」→「Post Footer」をクリックします。

 

クリックすると、設定画面になります。

 

Ad Code

Ad Code

 

・Add Ad before Related Post:

関連投稿する前に広告を追加(YesかNoを選択できます)

 

・Add following Ad. code to the end of post:

広告以下を追加します。記事の最後にコード。(YesかNoを選択できます)

 

・Ad Code Script:

広告コードスクリプト(AdSenseなどのコードを入力できます)

 

Related Post List

Related Post List

 

・Add related post list:

関連記事リストを追加(YesかNoを選択できます)

 

・Maximum number of post in the list:

リスト内のポストの最大数(デフォルトの場合は5記事。入力しなくても問題ありません)

 

・The header text for post list:

関連記事リストのヘッダーテキスト:(例は”関連記事”などです。入力しなくても問題ありません)

 

Optional Text

Optional Text

 

オプションで記事の最後にテキスト、もしくはHTMLコードを追加できます。(追加しなくても問題はありません)

 

Technorati Tags

Technorati Tags

 

・Show Technorati Tags to the end of post:

記事の最後にTechnoratiのタグを表示します。(YesかNoを選択できます)

 

・The label for the tag list:

タグリストのラベルを入力します。(例は”<b>Technorati Tags: </b>”です。入力しなくても問題はありません)

 

Addtional Option

Addtional Options

 

・Show Footer Every Where:

デフォルトの場合は単体記事ページに表示されます。全てのページに表示したい場合は、Yes。投稿記事にだけ表示したい場合はNo。

 

・Keep Plugin credit:

プラグインのクレジット表示(YesかNoを選択できます)(Yesにすると、クレジットが表示されますが、リンク切れとなっているため、Noの方が良いでしょう)

 

 

 

項目にYesかNoの選択、入力ボックスにテキスト、コードの入力等が完了し、間違えがないか確認しましょう。

 

Update Options

 

最後に「Update Options」ボタンをクリックすれば、設定が完了します。

 

リセットする場合は?

 

Reset Plugin

 

プラグインのリセットを行う場合は、「Update Options」ボタンの下にある「Reset Options」をクリックします。

 

 





LINEで送る
Pocket