今回は、株式会社アイレップ(http://www.irep.co.jp/)のSEO関連のディレクトリ登録サービスから「Jエントリー」が削除されていることがわかりました。

 

ディレクトリ登録サービスから「Jエントリー」削除

 

 

2014年1月8日に@zetta_segmentさんのツイートを拝見していましたが、上記のようなことをツイートしていました。

 

実際に株式会社アイレップのSEO関連サービス(http://www.irep.co.jp/service/seo/relevant.html)にアクセスしてみると、現在はディレクトリ登録サービスで掲載しているのは、Yahoo!カテゴリ(http://dir.yahoo.co.jp/)とクロスリスティング(http://www.xlisting.co.jp/index.html)のみとなっています。

 

Internet Archiveでの確認

Internet Archive(https://archive.org/)という過去のWEBページ状態を確認できるサイトで、株式会社アイレップのSEO関連サービスの過去状態を確認してみると、

 

クロスリスティング01

 

(2013年6月26日時点)

URL:http://web.archive.org/web/20130626040220/http://www.irep.co.jp/service/seo/relevant.html

 

2013年6月26日時点では、Jエントリー(https://jentry.jlisting.jp/)が掲載されていることが分かります。

 

なぜ掲載を外したのか?

 

「提携広告代理店 | LINE Business Partners株式会社」

URL:http://www.jlisting.jp/agency/

LINE Business Partners株式会社の提携広告代理店としては、株式会社アイレップが掲載されていることが分かります。

 

このことから推測されるのは、今回においてはディレクトリ登録サービスのみの掲載を外したということでしょうか?

 

また株式会社アイレップのリスティング広告媒体各種(http://www.irep.co.jp/service/listing/other.html)のページを見てみると、LINE Business Partners株式会社が提供するPC向け検索連動型広告である「JLISTING Ads」は今も掲載されています。

 

株式会社アイレップのSEO関連サービスのディレクトリ登録のところから「Jエントリー」が外された理由の公式発表はありませんが、今後行われるかもしれません。

 

最近、検索エンジンの動向によるものなのでしょうか。

 





[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket