【追記:2013年12月21日】

今回はGoogleウェブマスターツール上に届いた不自然なリンクに対する警告メッセージの対応で、アメーバブログ(アメブロ)のスパムリンク付き記事削除依頼の情報を公開します。

 

アメーバブログ(アメブロ)がガイドライン違反のリンクになった場合

 

Googleウェブマスターツールガイドライン違反のリンク

 

前回、Googleから「数週間、審査しないからちゃんと時間をかけてリンク削除を行い申請してください」という通知が届くということを報告致しましたが、「URLの例」の中にアメーバブログ(http://ameblo.jp/)の記事ページが掲載されていました。

 

勘違いしないで頂きたいのが、「ガイドライン違反しているからアメーバブログのリンクはダメになった」などということです。アメーバブログがガイドライン違反しているわけではなく、「アメーバブログでスパム行為を行っているSEO業者などが問題」であります。これはモラルの問題でもあります。

 

大阪人が横断歩道を渡る時に「赤信号は止まれ!」なのに渡ってしまうことと似ています。(極端な例かもしれません)

 

このようなにアメーバブログのスパムリンク付き記事がガイドライン違反してしまった場合どのように対応しなければいけないのか。

 

過去、現在利用しているSEO業者などに連絡する

第三者が勝手にアメーバブログのスパム行為を行って「リンクが貼られてしまった」ということは少ないと思います。

 

過去、もしくは現在利用しているSEO業者の中で、検索エンジン上位表示目的でアメーバブログを利用していた可能性が非常に高いです。

 

そのため、SEO業者に連絡して削除してもらうようにしましょう。

 

アメーバブログ(サイバーエージェント)にお問い合わせする

実は今回このような「Googleからアメーバブログのスパムリンク付き記事がガイドラインに違反していますよ」とメッセージをもらう前に私が過去に不自然なリンクに対する警告メッセージの対応を行う中でアメーバブログ(サイバーエージェント)に対してリンク削除依頼を送ったことがあります。

 

アメーバブログのお問い合わせフォームはこちら(http://helps.ameba.jp/autofaq/help/inquiry/opinion_form.php)にあり、

 

お世話になります。

株式会社◯◯の◯◯と申します。

この度ご連絡させて頂いたのは、

http://ameblo.jp/スパムリンク

上記ページにおいて、

タイトル:◯◯
URL:http://◯◯.jp/

のリンクが設置されておりますが、こちらのサイトは弊社の運営しているサイトであ
り、現在検索エンジンからの集客を行なっております。

しかし、検索エンジンのガイドラインに違反したために、検索順位が下落しています

そこで調査を行いましたところ、上記ページのリンクが原因でガイドラインに違反し
た恐れがあります。

検索エンジンからの集客が行えず大きな損害となっておりますので、nofollowリ
ンク設置、もしくはリンク削除をお願いできますでしょうか?

ちなみにこれらのブログ記事は御社の利用規約(URL:http://helps.ameba.jp/rules/post
_104.html)の中の禁止事項で、

「商業用の広告、宣伝を目的としたブログの作成(但し、当社が認めている範囲のも
の及び当社タイアップ等は除く)」

に該当すると思われるので、ブログを削除して頂くことはできるのでしょうか?

 

 

このようなメッセージを送りました。

 

すると、

 

Amebaカスタマーサービスです。

お問い合わせの件になりますが、
誹謗中傷されたご本人や無断で著作物を掲載された方など、
権利侵害された当事者からのご連絡は下記権利者向け窓口より対応

依頼を受け付けております。http://helps.ameba.jp/inq/inquiry/right※該当箇所が特定できない場合、具体的な理由が不明な場合には、回答がいたしかねます。※著作権侵害についての削除等につきましては関連法に基づき、
権利者ご本人様からのお手続きのみ対処が行えます。※権利侵害行為であるとし、削除等の対処をご希望されます場合には、
権利者様からのお手続きが必要となります。今後ともAmebaをよろしくお願いいたします。

 

このような返答を頂けましたので、こちら(http://helps.ameba.jp/inq/inquiry/right)から記事削除依頼をお願いすればよろしいかと思います。

 


 

12月19日にアメーバブログのお問い合わせフォーム(http://helps.ameba.jp/inq/inquiry/vio?type=9&serviceName=1)が変更となりました。

 

SEOスパム

 

規約違反の内容で「SEOスパム」が選択可能となっており、問題のあるものは対応して頂けるとのことです。”対応”であって、必ず削除・警告ものではありません。

 

 





[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket