今回は、たまたま見つけたGoogleスタイルの検索は破綻するんじゃないのかという話が数年前に公開されており、今tumbler(タンブラー)で話題になっていましたので、取り上げたいと思います。

 

最後に、これは前から思ってるんだけど、そろそろGoogleスタイルの検索は破綻するんじゃないの、という話。すべてを機械でやってますと言い 張っていたGoogleも、結局はnofollowつけてねとか有料リンクは全部削除すっぞとかいう対策をしなければならないほど、ブログやSEOの登場 で検索は使いにくくなっている。前にも書いたけど、ゲームの攻略エントリーなんて検索サイトから良質のサイト見つけるのが非常に難しい状態だし、何かの話 題について調べようとGoogleで検索してもスパムサイトばかりひっかかるのが現状。

だからこそ揺り戻しではないけど、もう1回ディレクトリ型サービスが来るんじゃないかな。とはいえただの人力ではなくて、ユーザーの評価などをうま く取り込んだディレクトリ 2.0型とでもいうか。どんないいやり方があるかはわかりませんが、理想論でいうとソーシャルブックマークのような人気指標だったりという要素をうまく取 り込んで、リンクに頼らない情報検索が求められているのかな。

少なくともゲーム攻略サイトを探すにはGoogleより2ちゃんねる検索が圧倒的に便利だし、たとえば特定コミュニティに限って人気のあるもの、と いうカテゴリ特化検索でもいいかもしれない。リンクを金で買う行為が成立してしまうなら、リンクに頼らなければいいじゃない、という方向もあるんじゃない かなと思った次第であります。

 

PPP問題に関する所感 – カイ士伝よりtumbler

 

コメント:「Googleで検索してもスパムサイトばかり」、これは昔からなのかなっていう感じです。Google検索を学習させるのは使用するユーザーが学習させていかなければいけないと思っています。

 

「ソーシャルブックマークのような人気指標をうまく取 り込んで、リンクに頼らない情報検索」、確かにこれも分からなくはないです。

 

「リンクに頼らなければいいじゃない」、これもわかるんですが、じゃあGoogle検索は今後何を重要な指標とすれば良いのかっていう話にもなってくるところではあります。

 

まだまだGoogle検索はリンクによる評価は重要なわけで。

 

もし、あなたの意見をコメントなどでお知らせ頂ければ幸いです。

 

 





LINEで送る
Pocket