悪質リンクからウェブサイトを保護する被リンク監査”リンクヘルパー”βテスト版の提供を開始します。

 

リンクヘルパーとは?

 

貴方のWebサイトのバックリンクに、もし検索結果に悪影響を及ぼすリンク(Googleのガイドライン違反にしているもの)を発見したら….。

 

悩む

 

「なんてことだ………」

 

うわああああ

 

頭を抱えて悩んでしまうことでしょう。

 

定期的にバックリンクの監査(モニタリング)をしていれば、不自然でGoogleのガイドライン違反しているリンクを早く発見できます。早期に発見することで、検索トラフィックの減少を防止することができます。

 

残念ながら、日本では定期的にバックリンク監査を行っている企業は極めて少ないと言われています。特に中小企業の場合は、WEB担当者がSEO以外にもWEBマーケティングの担当を兼任している場合があります。優先度を考えると、定期的にバックリンクを監査するのが難しいです。

 

WEB担当者からするとGoogleのガイドライン違反しているリンクがどういったものなのか、もしくはどのようなリンクが検索結果に悪影響を及ぼすのか判断が付かないこともあります。

 

私に任せてください!

 

そんな時には是非、Googleペナルティ解除やSEOの実績豊富な私にお任せください。定期的にバックリンク監査を行い問題のあるリンクを見つけ出します!

 

見つけ出すだけではなく、Googleウェブマスターツール上で否認ツールを使用し否認します。否認の設定以外にも、問題あるリンクの削除依頼、レポート提出、ナチュラルリンク獲得の支援などもこちらで行います。

 

これがリンクヘルパー

 

ウェブサイトのバックリンクを監査し、問題あるリンクから貴方のサイトを救助する”リンクヘルパー”がここにいます。

 

始めたきっかけ

 

 

Googleのサーチクオリティチーム責任者のマット・カッツ(Matt Cutts)氏の動画や関連情報を見ていた時に、Googleウェブマスターツール上の機能で「リンクの否認ツール」というものが不自然なGoogleのガイドライン違反しているリンクを無効化する時にも使えるということを知りました。

 

何かできる

 

このウェブマスターツールの機能とかを使えば「何かできるんじゃね?」と考えまして、この被リンク監査”リンクヘルパー”βテスト版を開始しました。日本では、定期的にバックリンクを監査し、リンクの否認ツールを使用する・問題のあるリンクの修正などを行っている企業がまだまだ少ないです。

 

検索エンジンの検索結果を決定する要因として、被リンクは重要なものであり、悪質なリンクによって検索トラフィックが減少してしまうのはとても残念なことです。

 

このサービスを提供することで、1つでも多くのウェブサイトの検索トラフィック改善やクリーンな状態の被リンク維持に努めてまいります。

 

SEOが好きなんです

 

私、、SEO(検索エンジン最適化)が好きなんです……!!!!!!

 

プロなんだ。

(ブラックジャックによろしく 佐藤 秀峰 < 漫画 on web http://mangaonweb.com >)

 

プロ(医者)として、何かできることをします。

 

料金

1度、お問い合わせフォームから対象URL等を記入していただき、ご連絡ください。数日以内に、お見積りさせて頂きます。

 

※この被リンク監査”リンクヘルパー”βテスト版は、必ず順位の上昇を保証するものではありません。予めご了承ください。

※条件として、Googleウェブマスターツール(WMT)の権限が必要となります。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

URL (必須)

題名

メッセージ本文

【メッセージの確認】
お問い合わせ内容はこちらでよろしいですか。

よろしければチェックを入れていただき、「送信」ボタンをクリックしてください。

 

LINEで送る
Pocket